「消滅!男の限界集落」サブテキスト

やる夫さんミックス「消滅!男の限界集落」を10倍楽しめる!?サブテキストをご用意しました。ミックスを聴きながら読んでみてください。

【詳細情報】
2017年に発売された、限界シリーズ第一弾となる「男の限界集落」から早3年。
シリーズ4作目を迎える今作は「消滅!男の限界集落 〜モスクワ大作戦〜」 サハリン発、シベリア経由、モスクワ行き。
最果ての地にて消滅し散ってしまうのか? .
.
************* .
.
3年の星霜が移った。

天下は変わり和物国、限界集落の山中に庵を結んだ掘り師も、枯れ木のように老い果てた。

皿雲斎が限界集落に終の栖をさだめたのは、山頂に、誰もまだ見ぬ黒い円盤が眠る漁場があったからである。

限界集落は修掘道の偶像であったが、また、掘り師の守護神でもあったのである。

未知の円盤を掘りたいという素朴な願望が掘り師に、限界集落入りの修行をなさしめた、といえる。

皿雲斎がむすんだ庵は、掘り師が通る道筋を避けて、皿峰と円盤山との間の水越嶺の奥にあった。.
. ************* .
.
20年ー皿雲斎は黒皿夫人の腹を割って取り出した子を育てることに専念してきた。

もとより、ただの養育では無かった。 掘り師とならしめるための苛酷な修行を強いたのである。

満三歳になるまでは自然に生い育つまでにすてておき、 その誕生の日に皿雲斎は飼い慣らしたマムシをその足指に噛みつかせてみた。

幼児は泣きもせずマムシの胴を掴んで引き離そうとした。それが叶わずと知るや、円盤を把ってひと打ちくれた。マムシが撥ねて遁れ去るや、にこっとして傷口を嘗めた。
それを眺めて皿雲斎の肚は決まったのである。
やる夫と名付けられた少年は、大きな丸い顔と小さく細い目を備えた、天性の愛嬌に恵まれた貌だちであった。

少年は、皿雲斎が強いる修行に堪えたのみならず、おどろくべき天稟をもって、ことどとく会得したのであった。

成年に達したやる夫に、皿雲斎は、もはや、教えることは、何ひとつなかった。

3日後、
やる夫は15年間生い育った限界集落を
出て行って還らぬことになった
しかし、師との別離は真に淡々としていた

炉端に黙々と座っている皿雲斎に

「では行きます」

と頭を下げると

「んん」

炉火へ視線をおとしたものの、
軽い頷きが返されただけであった
やる夫が土間へ降りて、
もう一度、今度は黙って頭を下げた

ポンっと

1枚の円盤が放られた

「持ってゆけ」

皿雲斎は何の円盤かと教えずに言った

「はい」

やる夫も聞かずに押し頂いて懐中にした
やる夫はしかし、限界集落を下り始めると別離の哀しみに堪えかねて
幾度も頭(こうべ)を回した
庵の上の巨岩に師の姿が
表れるのではなかろうかと期待したが
ついに認めることは出来なかった

やる夫は
遥かになった限界集落に向かって声一杯に

「さようなら」

と三度ばかり下げた

限界集落は
ひとりの小さな掘り人を成長させ
送り出しながら
明るくひっそりと静まっていた

「消滅!男の限界集落」

当店企画による、やる夫さんの四季ミックス最終作「消滅!男の限界集落 〜モスクワ大作戦〜」が、いよいよ明日3月21日リリースの運びとなりました。
本作を聴いて私が感銘を受けたのは、やる夫さんの選曲に対する真摯な姿勢です。
マイナー盤やレア盤をセレクトすることは知識や資金力があれば容易ですが、誰もが知っていながらスルーする、売れすぎてワンコインコーナーにあふれる、あんな曲やこんな曲を丹念に拾い上げ今この時代に響く形で蘇らせた本作は、やる夫さんにしか作れないものだと思います。
不穏なムードの世相を包み込むような音楽、時代に喝を入れる音楽、そして希望が湧いてくる音楽。
前作の「おじさんの青春の汗」を聴いたとき、"ああ、これがやる夫さんの最高傑作かも"と思ってしまった自分が恥ずかしい、おじ汗超えの傑作誕生です。

downtown records presents

「Four seasons of Yaruo ~Final season : Winter
消滅!男の限界集落 〜モスクワ大作戦〜 」

 Mixed by やる夫

 Mastering by M_ROCK

 Illustrations by オオヤヨシツグ

 Designed by 梅村昇史

「消滅!男の限界集落」通販について

「消滅!男の限界集落」通販について

店頭販売日の翌日、3月22日(日)15:00より
やる夫さんミックス「消滅!男の限界集落 〜モスクワ大作戦〜」
の通販を受付いたします。

店頭販売と通販の確認を同時に行うことが難しい為、このような対応となりました。ご了承ください。

販売価格は¥1200となります。
購入ご希望の方は、下記アドレスまで
☆お名前
☆ご住所
☆お電話番号
☆ご希望枚数(お一人様二枚まで)
をご記入の上 メールをお送りください。
☆メールアドレス:tsuchida♪downtownrecords.jp
(♪を@に書き換えてお送りください)
折り返しお品代+送料(スマートレターでお送りします)を計算の上、お振込み先をご連絡差し上げます。
尚、お支払い先はゆうちょを予定しております。
限定生産のため販売が予定数に達した場合はキャンセルさせていただきます。
☆発売日以前の御注文の処理は、発売日にご注文いただいた方のあとに対応させていただきますのでご了承ください。
皆さまのご注文お待ちしています!

出張円盤レコード寄席最終回 移民編

高円寺・円盤店主田口史人さんをお招きしてお送りしてきましたしゃべくり型レコード鑑賞会「レコード寄席」。
当店での開催は今回が最後となります。
1月30日(水)は最終演目「移民編」をお送りします。
以下田口さんのコメントです。
「日本と世界のあいだで生まれたレコードたち。
海外アーティストの日本録音から日系移民たちが彼の地で日本を思いながら作ったレコードまで。国と国とのはざまで揺れる人情と発想。ニッポン・エキゾチカ世界探訪の旅でもある国際交流編です!」
常連の皆さまも、一度覗いてみようかなとお考えだった方も、是非DTRでのラストワルツにご参加ください。
ご来店心よりお待ちしております!
1月30日(水) 18:30 OPEN 19:00 START
PRICE : ¥1,000(ドリンク持込可)
お問合せ : downtown records (tel: 03-3645-0155)
住所 : 東京都江東区東陽3-27-3
☆椅子席をご希望の方はお電話にてご予約ください

第2回ポール・マッカートニー展 主催者からのメッセージ

第2回 ポール・マッカートニー展にたくさんのご来場ありがとうございました。
主催のコイコイ2号さんよりメッセージが届きました。
以下原文のまま掲載いたします。
この度は年末のお忙しい中、足を運んで頂きありがとうございました。ご協力頂いたダウンタウンレコード土田社長、トークイベントで音響担当して頂いた田尻さんにもこの場をお借りして感謝申し上げます。
何より遠路はるばる新潟からお越し頂いたお客様をはじめ、ご来場頂いた皆様、イベントご参加頂いた皆様に感謝!東陽町の町内年末イベントと重なってしまった関係で椅子の準備が出来なかった事でイベントご参加の皆様にはご不便をお掛けして申し訳ありませんでした。これに懲りずにまたご参加頂けたら嬉しいです。
ダウンタウンさんを通じての素敵なご縁に感謝!私はイベント時点では1号が体調不良MAXでしたが、どうか皆様お身体ご自愛ください!
またお会いしましょう コイコイ2号
以上です。
コイコイ1号&2号さん、おつかれさまでした。
今回の図録が若干手元にございます。
ご希望の方にお分けいたしますので、店頭でその旨お伝えください。
お一人様一冊、ご来店いただける方に限ります。

第2回 ポール・マッカートニー レコード展

飾り付け中のコイコイ1号さん

茶目っ気たっぷりなコイコイ2号さん

ただ今当店で開催中のイベント
「第2回 ポール・マッカートニー レコード展」
について、主催のコイコイさんからコメントをいただきました。
以下原文のまま掲載
ポール・マッカートニーの名盤「タッグ・オブ・ウォー」を世界一収集・究明する「綱引き研究所(ツナ研)」所長 Nobu さん、つれづれなるままにWINGSFANの梅市さんと第1回ポールレコ展の主催者の私、コイコイによる「ポール・マッカートニー研究会」で、第2回ポールレコ展 エジプト・ステーション/タッグ・オブ・ウォーを12月29日(土)から30日(日)まで開催します。
今年全米1位を獲得したポール・マッカートニーのアルバム「エジプト・ステーション」と、36年前に全米1位を獲得したアルバム「タッグ・オブ・ウォー」の世界各国盤を展示しますので、ビートルズ、ポールファンの皆様、是非ご来場ください。
以上です。
来場者特典としてコイコイさん制作の展覧会図録を先着でプレゼント中(お一人様一冊)。
会期も残り少なくなってきましたが、皆さまお誘い合わせの上是非いらしてください!

出張円盤レコード寄席 学校編

高円寺・円盤店主田口史人さんをお招きしてお送りするしゃべくり型レコード鑑賞会「レコード寄席」、毎奇数月第四水曜日に当店で開催しております。
来る11月28日は「学校編」をお送りします。
以下田口さんのコメントです。
『「音楽を売るため」に作られたのではないレコードのもうひとつの代表。学校関係のレコードは専門のレコード会社があるほどの一大市場。卒業記念盤を中心に校歌、合唱祭、地域の連合音楽会、ブラスバンド部の大会記録盤など、卒業生しか知らない、けれども卒業生にとってはなんでもない、日常そのものの「当たり前」の学校生活が記録されたレコードたち。リクロ舎発刊の「校長先生のはなし」の音版+こどもたちの無垢な演奏の数々が聞けます!』(引用ここまで)
最近にわかに注目を集める音楽ジャンル「身内モノ」レコードの、笑えてどこか懐かしく時にホロリとさせられる世界を是非ご堪能ください!!
11月28日(水) 18:30 OPEN 19:00 START
PRICE : ¥1,000(ドリンク持込可)
お問合せ : downtown records (tel: 03-3645-0155)
住所 : 東京都江東区東陽3-27-3
☆椅子席をご希望の方はお電話にてご予約ください

出張円盤レコード寄席 沖縄編

高円寺円盤店主田口史人氏によるしゃべくり型レコード鑑賞会「レコード寄席」、毎奇数月第四水曜日開催となっての一発目、演目は「沖縄編」をお送りします。
以下田口さんのコメントです。
『ローカル盤天国沖縄。ジャマイカ、ハワイと並ぶ島の音楽を島で作り島で消化するローカル盤の夢の島。しかし、その歴史は思い描く「島の歌」の歴史とは違った”自由さ”と”したたかさ”が見えてきます。だからこそ生まれた心震える名盤と共に、そこから失われていった「何か」を探ります。沖縄レコードの歴史は、我々が「音楽を作り、人に手渡す」ために絶対的に重要な何か、その核心があらわれていると思います。』
田口さんの解説を交え、沖縄音楽の歴史をレコードで辿る150分。
秋の夜長、島唄の物語に想いを馳せましょう。
9月26日(水) 18:30 OPEN 19:00 START
PRICE : ¥1,000(ドリンク持込可)
お問合せ : downtown records (tel: 03-3645-0155)
住所 : 東京都江東区東陽3-27-3
☆椅子席をご希望の方はお電話にてご予約ください

DJやる夫 MIX CDR「おじさんの青春の汗」販売について

DJやる夫 MIX CDR「おじさんの青春の汗」販売について
DJやる夫 MIX CDR
「おじさんの青春の汗」
9月22日より販売を開始いたします!
ダウタウンレコード限定販売となります!!!
生産限定品となりますので、購入はお一人様二枚までとさせていただきます。
◎店頭販売◎
9月22日(土)13時より
ダウンタウンレコード店頭にて販売
◎通信販売◎
予定枚数に達した為終了しました