7/14(金)「出張円盤-基本編」開催

当店では奇数月第2金曜日に円盤店主・田口史人氏をお招きしてレコード寄席を開催しております。
今回はご挨拶代わりの「基本編」。
レコード寄席の世界を広く俯瞰する、入門編として最適のプログラムです。
当日参加も大歓迎、是非お誘い合わせの上ご来場ください。
日時:7/14(金)19時〜(18時45分開場)
於:東陽町ダウンタウンレコード
料金:¥1000
ドリンク持込可
問い合わせ☎︎03 3645 0155

やる夫さんmix 「Let’s Get Pop Boogie」ほぼ全曲解説

DJやる夫mix 「Let’s Get Pop Boogie」ほぼ全曲解説!!
ダウンタウンレコード店主による全曲解説を掲載します
◎DJやる夫コメント
「もうかれこれ15年以上前に掘っていたものばかりです。言わば、私の青春回顧録というべきミックスだと思います」。
1.Intro~Sharing/Vitamin E
幕開けはノーマン・コナーズが手掛けたモダンソウルトリオ、ヴィタミンEによる「シェアリング」。甘く切なくやるせない、甘茶ソウル王道曲。
2.You Got My Love/Front Page&Sharon Redd
プレリュードの歌姫シャロン・レッドをフィーチャーしたフロント・ページ‘79年のディスコクラシック。やる夫さんの二枚使いが炸裂します!
3.I Found Lovin’/Fatback Band
NYのディスコファンクバンド、ファットバック‘84年のシングル。高揚感溢れるアーバンファンク。
4.Azz Iz/Natalie Cole
ナット・キング・コールを父に持つシンガー、ナタリー・コールのボコーダーファンク。プロモオンリーとなるこの12インチはかなりのレア盤です。
5.After Loving You/Omari
マイアミのソウルシンガー、オマリー‘83年のレアシングル。ファルセットが爽快なモダンブギー。
6.SAYONARA/A Taste Of Honey
坂本九「上を向いて歩こう(SUKIYAKI)」カヴァーで知られる女性デュオ ‘82年作。フックの日本語「サヨナラ」がキャッチーなディスコファンク。
7.Here My Love Is/Ebonee Webb
バーケイズ風とぐろ巻きベースを二枚使いで引っ張りまくるイントロがニクい、エボニー・ウェッブ‘83年の粘着ファンクチューン。
8.Out Tonight/Dayton
オハイオのアーバンファンクグループ、デイトン‘83年作。トロピカルテイストが眩いブギー曲。
9.Feelings/Chateau
詳細不明の男性ヴォーカリストによるエモーショナル&ゴスペリッシュな歌いっぷりが堪らない‘84年フレンチブギー幻盤。今回収録したレコードの中で最高額盤だそうです!
10.Free&Easy/Plush
ルネ&アンジェラを中心としたモダンソウルグループ‘82年の四つ打ちエレクトロブギー。
11.All Of Me For All Of You/9.9
リチャード・フィールズのバックコーラスから派生した女性トリオ‘85年のデビューヒット。瑞々しいコーラス映えるライトファンク。
12.Tonight/Whispers
‘60年代から活躍するLAの名門ヴォーカルグループ、ウィスパーズ‘83年作。ブリブリしたベースが快いブギーファンク。
13.Give Me Some Love Tonight/Titus Williams
角松敏生「Springin’ Night」に引用されたことで知られるタイタス・ウィリアムス‘84年のフレンチブギークラシック。
14.Milk&Honey/Chocolate Lips
藤原美穂がヴォーカル参加したユニット、チョコレート・リップス‘84年作。若干ピッチアップして疾走感が増した日本語ブギー曲。
15???
やる夫さんの希望により非公開とさせて頂きます!
16.Add.Let’s Dance/Dancing Generation O.S.T
槇村さとるの少女漫画「ダンシング・ジェネレーション」イメージアルバムからのチョッパーブギーインスト。やる夫さんのディグの振幅の広さを見せつけてくれます。
17.Somebody Elses Guy/Jocelyn Brown
ハウスミュージックのレジェンドシンガー、ジョセリン・ブラウン‘84年作。パワフルな歌声が炸裂したスーパーダンスクラシック。
18.Make Me The One/Crown Heights Affair
NYディスコの代表格グループ、クラウン・ハイツ・アフェアー‘86年のブギーディスコ。爽快なコーラスワークが最高です。
19.What You Want/Platinum Hook
モータウン出身のファンクグループ、プラチナム・フックがRCAへ残した‘83年ラストアルバムからのナンバー。ファンクネス漲る極上ブギー。
20.Never Give You Up/Lillo Thomas
かすれ声がセクシーなNY出身のシンガー、リロ・トーマス‘84年作。ハッシュプロダクション制作のアーバンダンサー。
21.I Just Gotta Have You/Kashif
‘80sブラックコンテンポラリーミュージックの立役者カシーフ’83年のデビューシングル。本ミックスのハイライトとして選曲されたアーバンモダンソウルの大名曲は意図せず追悼トラックとなりました。ミックスを終え程なくしてカシーフ急逝の報に接したやる夫さん曰く「今回のミックスはカシーフに呼ばれ(て制作し)たのかも」。
22.Love Is/Jimmy Silver
英国人シンガーソングライター、ジミー・シルヴァー‘83年作。UKブギーファンクのレア12インチ。
23.Say You’ll Be/Jerome Prister
NYのR&Bグループ、シークレット・ウエポンのリーダーであるジェローム・プリスター‘85年のソロデビューシングル。パトリック・アダムスがミックスを手掛けたメロウディスコブギー。
24.System/Garland
シカゴのソウルシンガー、ガーランド・グリーン‘83年作。ラモン・ドジャー作編曲による爽快ライトメロウソウル。
25.Guy Like You/Donna Washington
LAを拠点に活躍したキュートな魅力のソウルシンガー、ドナ・ワシントン‘82年の溌剌ブギーソウルで大団円を迎えます。
本ミックスは副題を「Four Seasons of Yaruo Autumn」としました。
今回の秋篇から始まり、冬春夏と4シーズン毎に異なったジャンルの音源をリリースしていこうという試みです。
やる夫さんの選曲の妙を多面的に楽しんでいただけたら嬉しいです。
次作もどうぞご期待ください!

やる夫さん mixCDR「Let’s Get Pop Boogie!!」通信販売について

10月1日(土)15:00より
DJやる夫 mix CDR
「Let’s Get Pop Boogie!!」
通販を開始いたします。
ダウタウンレコードの限定販売です!!
購入ご希望の方は、下記アドレスまで
☆お名前
☆ご住所
☆お電話番号
☆ご希望枚数
をご記入の上 メールをお送りください。
☆メールアドレス:tsuchida♪downtownrecords.jp
(♪を@に書き換えてお送りください)
折り返しお品代+送料を計算の上、お振込み先をご連絡差し上げます。
尚、お支払い先はゆうちょを予定しております。
限定生産のため販売が予定数に達した場合はキャンセルさせていただきます。
☆発売日以前の御注文はお受けいたしかねますのでご了承ください。
皆さまのご注文お待ちしています!

オオヤヨシツグ、初めての個展

「オオヤヨシツグ、初めての個展」6/4(土)〜6/12(日)の日程で開催いたします。
ミンガリング・マイクに相通ずる、アウトサイダーな魅力満点のイラスト展です。
☆トークイベント☆
■6/11(土)18:30〜東陽町ダウンタウンレコードにて『オオヤヨシツグ、初めての個展』のフライヤーを制作してくれた平林拓也さんとトークイベントを開催致します!
展示されている絵について2人でトークします!
入場無料ですので是非是非‼️‼️

4.16 RECORD LOVERS! -SPIN THE MR.PAN’S COLLECTION

MR.PAN氏が自身のコレクションから名盤、レアなロックンロールのオリジナル ・シングルを紹介するレコード&トーク・ショー!! 50s/60sミュージックのレコード・コレクターでも知られるMR.PAN(THE NEATBEATS)の名コレクションを60年代の英国製ビンテージ・レコード・プレイヤーで聴くイベントです。 当時のティーンエイジャー達が聴いたであろうリアルなサウンドを楽しめるレコード・ラバーズのための贅沢タイム!! 当日はMR.PANの私物コレクション即売会も有り!!
会場 : ダウンタウン・レコード (東京都江東区東陽3-27-3)
日時 : 2016.4.16 (土) (一部 16:30〜 / 二部 19:00〜 *入れ替え制) 
参加料 : ¥500 (MR.PANのコレクション から7”シングルを一枚プレゼント!)
*RECORD STORE DAY 2016エントリー作品も限定で販売いたします。
「参加方法」
電話での予約受付となります。一部、二部ともにそれぞれ椅子席(15)/立ち見(10)
の限定25名となります。椅子席は受付先着順とさせて頂きます。
受付日時
4/2(土) 13:00から受付開始です。お一人様2名までの予約です。
お問い合わせ・受付
ダウンタウンレコード 03-3645-0155

ウォー/パイプス・オブ・ピース」展

リンダと同じポーズで御満悦のコイコイ二号さん

10月3日〜12日迄当店で開催したイベント、ポール・マッカートニー「タッグ・オブ・ウォー/パイプス・オブ・ピース」」展主催者コイコイブラザーズさんからメッセージが届きました。
以下原文ママ
皆様
お忙しい中、多くの方々にご来場頂き、心より御礼申し上げます。
日曜日の聴き比べ会で、レコードを、「見る」「さわる」「聴く」「比べる」が完成しました。
10/3から10/12の8日間で210名の来店とダウンタウンレコードさんのツイッター閲覧数は1万件を突破しました。
日曜日の試聴会ではみなさんといろいろ確認ができ、とても有意義な時間を過ごすことができました。
なお、試聴会当日は多くのお客様にご来場頂いたことから、立ち見になってしまい、一部お客様にご不便をお掛けしました事をお詫び申し上げます。
では、またお会いすることができることを楽しみしています。
ありがとうございました。
コイコイ

西山=市川デュオ・ライヴ

西山HANK史翁  Fumio ‘HANK’ Nishiyama ギタリスト・作曲家、MUSICAL DIRECTOR(SOUND PRODUCER) ジャンル、国籍を越え得るオリジナルな世界を表現しながら、 伊東たけし(T-SQUARE)、上田正樹、久保田利伸、KREVA、ゴスペラーズ、SAKURA、サンプラザ中野くん、SHANTI、谷村新司、マリーン(アイウ順) などといった他アーティストのツアーサポート、レコーディングへの参加、そして アリソン・ウィリアムズ、アレックス・アル(‘This is it’ツアーメンバー)、ケン・チュウ(F4台湾)、ジェイムズ・ギャドソン、SILK、スライ&ロビー、ネイザン・イースト、ハイラム・ブロック、ボビー・ワトソン、ボブ・ジェームス、ポール・ジャクソン、リッキー・ローソン、レオン・ライ(香港ムービースター)、ロイ・エアーズ(アイウ順) 等海外著名ミュージシャンとの正式な共演歴も多い。

市川宇一郎 Uichirou Ichikawa ドラマー、ドラムインストラクターとして活躍中。プロ・ドラマーの勉強会「ジャパン・ルーディメンツ・クラブ」主宰。著者に「リズム・トレーニング強化書」「極私的モダン・ジャズ・ドラマー論」(ともに音楽之友社)、「まるごとドラムの本」(青弓社)他多数

ギタリスト西山史翁氏とドラマー市川宇一郎氏のお二方を招いて当店でライヴを開催します。ボサノヴァやオリジナル曲を織り交ぜアコースティックインストを演奏していただきます 。
暑さも落ち着いたこの季節、秋の夜長に寛いだジャズをお楽しみください。
会場:ダウンタウンレコード
日時:19月21日(月祝)19時スタート
料金:投げ銭制(20歳未満無料)
飲み物持ち込み可
椅子席ご予約承り中!
電話03-3645-0155
又は tsuchida@downtownrecords.jp
までメールでお願いいたします

21世紀の妄想異常レコードジャケット展

展示予定作品 Rediscovery / U.S.A. U.K.解散後、アメリカ人であったドラマー、テリーボジオが結成したアメリカ版U.K.!まさにスーパーグループにふさわしい、しかし予想を裏切る意外な布陣とは…?

テラピン濱谷 1961年岩手県生まれ。現代美術作家である白濱雅也のイラストレーターネーム。中学生の頃買ったPFMからプログレッシブロックの洗礼を受けると同時に、ロジャーディーンをはじめとするプログレのビジュアルからデザイン/アートにも目覚める。美術大学在学中にギターレスのバンドを率いてライブハウスなどで活動するも技術的に行き詰まり、現代美術作家活動に転向する。ガジェット系楽器との出会いから20数年ぶりに音楽活動を再開。テラピン濱谷としての代表作に深川界隈のキャラクター「芭蕉ガエル」がある。2014年より北海道帯広在住。

6月25日(木)から当店で企画展を行います。「お蔵入りになった幻のアルバムを発見!」というコンセプトで20世紀プログレの妄想をジャケットとライナーで表現するという内容です。
開催日時:2015年6月25日(木)~7月5日(土)13:00~20:00(休:7月1、2日)
26日夜 テラピン濱谷在店 19時〜テラピン濱谷によるエレクトロニカMiniLive演奏有り
27日夜 テラピン濱谷在店 
会場:ダウンタウンレコード(東京都江東区東陽3-27-3)
最寄駅・東京メトロ東西線/東陽町駅下車→西改札→1番出口→徒歩3分
以下、制作者テラピン濱谷氏からコメントを頂きました。
もしも… 21世紀の妄想異常レコードジャケット展 
こんな事があったかもしれない…こんなメンバーでレコーディングしたなら…お蔵入りになったあんなアルバム、噂の幻のアルバムを発見!という設定で20世紀のプログレの妄想をアルバムとしてのジャケット、ライナーを書いてみました。
テラピン濱谷(白濱雅也)

BILLY JOEL VS PAUL McCARTNEY

ソリアーノ・タナカ氏によるビリー・ジョエル企画展第9弾「BILLY JOEL VS PAUL McCARTNEY」を下記日程で開催します。
開催日時:2015年4月23日(木)~5月9日(土)13:00~20:00 (休:4月28日)
最終日は18:00より、ビリーの情報誌SOUVENIR発売記念イベントを開催予定
会場:ダウンタウンレコード(東京都江東区東陽3-27-3)
最寄駅・東京メトロ東西線/東陽町駅下車→西改札→1番出口→徒歩3分
http://www.52ndbridge.com
http://www.downtownrecords.jp
入場:無料
以下、ソリアーノ氏からのコメントです。
「ポール・マッカートニーの日本公演が迫っていますが、今回のビリー・ジョエル企画展は“BILLY JOEL VS PAUL McCARTNEY”と題し、最近共演する機会が多いビリーとポール(ビートルズ)の関係に焦点をあて、レコードや様々な資料、ゆかりの品などを展示しつつ、振り返ります。(今回の展示物は、通常と異なり、ビリーよりもポール関係のアイテムの方が多くなる予定です。)
そして、今回初めて、この展示会のプログラムを兼ねた「SOUVENIR」(スーベニア)というタイトルのビリー・ジョエル情報誌を発行・発売致します。正式発売は5月9日の予定ですが、4月25日(土)より、会場(ダウンタウンレコード)にて先行販売致しますので、ぜひお求めください!
(初日の23日と24日はまだ扱っていません。ご了承ください。)
ポール・マッカートニーの日本公演にお越しの方は、公演前にぜひダウンタウンレコードまでお立ち寄りください。
*ダウンタウンレコード(東京メトロ東西線・東陽町駅)と東京ドーム(東京メトロ丸ノ内線・後楽園駅)の移動時間は、地下鉄で約30分ほどです。
皆さんの周りのビリー・ファン、ポール・ファンの皆様にも、周知の程、よろしくお願い致します!」